Boston, MIT, and the United States Group mmatsuura.com
メニュー:基本情報 メニュー:研究情報 メニュー:ブログ メニュー:ボストン メニュー:交渉学 メニュー:その他    

謎のレシピ集


扁炉(ピェンロー)

うちではよく、週末に扁炉を食べます。

扁炉は、白菜がメインの鍋物です。とてもマイナーな食べ物でしょう。

妹尾河童氏の「河童のスケッチブック」という本で見て、よほど美味いらしいので、作ってみたら本当に美味しかったので、今ではしょっちゅう食べるようになりました。


レシピ (空腹な2人分):

白菜

1/4切

春雨

50〜100g

鶏肉ムネorモモ)

200g

どんこ

5、6コ

胡麻油

適量

適量

一味唐辛子
(七味でもだいじょうぶ)

適量

豆腐とか春菊とか、他の具を入れるとマズイらしいです。レシピに忠実に従いましょう。
ちなみに河童氏のレシピには豚バラ肉も入っているようですが、ウチではモモ肉だけにしています。


つくりかた (所要時間:約50分)

1.できればどんこを数時間前から水に浸しておく(時間がなかったら電子レンジで戻す)。
2. 鍋に水と鶏肉を入れて沸騰させる。
3 .春雨に水をいれて電子レンジで数分チン。
4.白菜ザク切り。
5 .鍋が沸騰したら鶏肉のアクが浮いてくるので、すくって取る。火を弱める。
6 . 白菜の根のほうの部分、どんこ、どんこの戻し汁を鍋に入れ、ふたをして30分程度煮る。
7. 白菜の根が透明になってきたら白菜の葉のほうを入れる。
8.葉のほうも煮えてきたら、春雨を入れ、ごま油をツーと「の」の字を描くように回す。
9.春雨があったかくなったころに食べる。

焦らず、白菜が溶けそうになるほど煮た方がうまいです。


食べ方

各自が取り皿に煮汁、塩、好みで唐辛子を入れてつけ汁をつくります。

あとは、具をつけ汁につけて、召し上がれ。

煮汁を残しておけば雑炊もできますが、普段は白菜だけでおなかいっぱいになってしまいます。

 

(c) 1996-2006 Masahiro Matsuura, All Rights Reserved.