イタリア旅行のページタイトル Group mmatsuura.com
メニュー:基本情報 メニュー:研究情報 メニュー:ブログ メニュー:ボストン メニュー:交渉学 メニュー:その他    

Eze

今回はニースまでの格安航空券が取れたので最終日はニースに泊まらねばならなかった。しかしニースに泊まるのもなんか悲しいので、近郊のエズという村に泊まった。さすがフランス、道に迷うことはない。イタリアのアウトストラーダから、国境を抜け(検問はない)、フランスのオートルートにそのまま入り、Monaco, ... , Ezeとちゃんと書いてある看板の出口で降りる(イタリアの道路標識は情報が少ない:イタリアならたぶんMonacoだけでEzeとまでは書いていないだろう)。国道(N)に下りてからはモナコをかすってエズの街へと向かう。途中、マイケル・ダグラスのような人が乗ったとんでもないスーパーカーとすれ違う。周りの車もベンツやらジャガーやらが多い。今回、急な上り坂で渋滞にはまってしまった。しかも後ろにはピカピカのジャガーがペッタリ接近してくる・・・。エンストして後退してぶつからないかとヒヤヒヤものであった。

エズは崖の上にある小さな村で、風景がチンクエ・テッレにどことなく似ている。村の中はSt. Cirq Lapopieに似ている。要塞のような隘路に観光客向けのお土産屋が並んでいる。村の頂上はサボテン公園になっている。エズだけど伊豆みたい・・・(~.~;)。3ユーロ取られるが、景色がいいので頂上まで行ったほうがよい。

2時間もあれば十分に見てまわれる村だと思う。そんなこともあってか、宿がほとんどない。超高級なホテルが2軒あり、一泊500ユーロくらい取るらしい。自分は安宿を村役場の隣に見つけたが1/10の値段でかなり綺麗な部屋に泊まれた。村にはレストランが少ない。宿のオバチャンに勧められたtrouvadourというところに行ったが、まぁまぁ美味だな、というメシだった。ボストンに住んでいるのにロブスター(オマール海老)を注文してしまった私が悪いのかもしれない。どうやらウェイターが一人休みを取っていたみたいで、サービスはあまりよろしくなかった。オバチャンはVillefrancheという街まで車で行けばたくさん店はあるわよ・・・と言っていたがイタリアからの運転で疲れていてとてもそんな気分ではなかった。でももし今度来ることがあったら夕飯はVillefrancheまで行ってみよう。

村の頂上からニース方面を眺める

村の内部

 

国道7号N7(フランス人はここを90kmでかっとばす)

 


観光案内 - Office de Tourisme

L'arc en ciel - 今回の宿

Tripadvisor-Eze

 

(c) 1996-2006 Masahiro Matsuura, All Rights Reserved.