南フランス旅行のページ Group mmatsuura.com
メニュー:基本情報 メニュー:研究情報 メニュー:ブログ メニュー:ボストン メニュー:交渉学 メニュー:その他    

ペリゴール地方

 アキテーヌ地方

 
ラングドック・ルシオン地方

オーヴェルーニュ地方

ローヌ・アルプ地方

その他

 


Région de Medoc

ボルドー市に寄らず、メドックのワイン産地に行ってきました。宿泊はリストラック(Listrac)で、ワイン生産者の民宿に泊まりました。しかしこの民宿は単なる宿で、ワインを少し飲める以外は特にメリットなし。周辺がブドウ畑なので景色がよいですし、面倒を見てくれないぶん逆に、気ままにウロウロできましたが。

メドックとはいってもブランドは村ごとに分かれており、Listrac, Margaux, St. Julien, Pauillacなどがあります。Pauillacは大きな町ですからここを名乗れる農家も多く、日本でもよく見かけるAOCだと思います。

有名なChateau Margauxは一体どんなとこやら・・・と行って見ました。遠くから覗くことしかできなかったですがお城のようでした。今年は百年ぶりくらいのワインの当たり年だそうですね。ということはシャトー・マルゴー周辺に綯っていたブドウは恐ろしい価値があったんだろうなぁ。

Listracの民宿。自分のところのワインが3種類置いてあって勝手にdegustationしてよい。朝に蔵だけ見せてもらえた。

マルゴー(Margaux)。シャトーマルゴーであるが人を寄せ付けない雰囲気がある。遠くに見えるが・・・。

上はクサック(Cussac)、サンジュリアン(St Julien)の村の入口。左上の案内板を見たときは眼を疑ったが、クサック村は佐賀県三瀬村と友好関係があるらしい。何の共通点があるというのだ・・・。到着した日が週末だったので民宿では酒を売ってくれなかった。仕方なく地元の販売所Maison du VinでChateau Moulin de Laborde 1996を買う。確か10ユーロもしなかったが、飲みやすく美味だった(細かいことはもう忘れた)。夕飯はスーパーで買ったパンとrondeléとこのワイン。それで十分幸せ。

 

上がポイヤック。他の街に比べるとガロンヌ川沿いでかなり大きい。下2枚はMedocではないがボルドーとしては有名なサンテミリオン。ここは観光地で怪しいワイン屋に「コカコーラライト!」と叫ばれた(ここは安いよと言いたかったのだろう)。


観光情報

Conseil Interprofessionnel du Vin de Bordeaux
Conseil des Vins du Medoc

 

(c) 1996-2006 Masahiro Matsuura, All Rights Reserved.