ホーム » ブログ

アーカイブ

検索


フィード


管理

2017年6月24日

「ポートストア」から見えてくる臨港地区のふしぎ

IMG_20170622_050350

魚釣りに行くと、巷では聞いたことがないコンビニを見かけることがあります。その名は「ポートストア(Port Store)」。東京だと若洲、横浜だと本牧の釣り場に行く途中にあります。

しかし外見はよく見ると「サンクス」風。しかも中に入って売ってるものはファミマのものばかり(サンクス合併したので)。どういうことでしょうか?

実はポートストアが立地しているのはすべて、「臨港地区」と呼ばれる区域内にあります。臨港地区は、都市計画法に基づき指定される地域地区の一種で「港湾を管理運営するため定める地区」(第9条22項)とされています。臨港地区内は港湾法第39条で定められた9種類のなかから分区(用途地域のようなもの)を指定することができ、各分区の目的に合致する範囲内でのみ、建築や事業が認められています。

臨港地区はあくまで港湾を管理運営するための地区ですので、一般市民向けの事業を行うことは基本的にはあり得ません。横浜の多くの埠頭が立ち入り禁止になっているように、一般市民が入ってこないことが大前提です。しかしS48年の港湾法改正で「その景観を整備するとともに、港湾関係者の厚生の増進を図ることを目的とする区域」として「修景厚生港区」という分区が設けられました。この分区指定であれば、公園などの整備が可能となります。たとえば、本牧埠頭や大黒埠頭の海釣り公園は「修景厚生港区」に指定されています(横浜港の分区指定図)。

臨港地区内には食堂や売店などもありますが、やはり建前上は港湾で働く人たちの施設ということになります。実は港湾労働者向けの住宅も立地していて「港湾住宅」などと呼ばれます。これらの施設を運営してきたのが、横浜港の場合は 一般社団法人 横浜港湾福利厚生協会、東京港の場合は一般社団法人 東京港湾福利厚生協会という組織です。あくまで港湾の管理運営に資するという法の縛りを満足させるためには、こういう組織を一枚噛ます必要があったんでしょうね。

IMG_20170622_050346

で、冒頭のポートストアはこれらの協会が営業している「売店」なのです。若洲のポートストアも正式には東京港湾福利厚生協会の「若洲サービスセンター売店」となります。で、建前上、あくまで港湾で働く人たちのための売店であって、一般市民ためのものではないわけです。もちろん、私たち釣り人などが目にするポートストアがあるのは立入禁止のエリアではないので、現実には誰でも入店して買い物ができるわけですが、あくまで建前上はダメなんですね。ちなみに横浜港の場合、私たちが立ち入ることができない埠頭エリアにもいくつかポートストアがあるみたいですね。

だからといって、別にサンクスのままでいいんじゃないか?とは思うわけですが・・・ここからは推測ですが、サンクスのままだと他の一般市民向けの店舗と同一視されて上記の「港湾のため」という建前が成立しなくなるから、敢えて店名を替えてるんじゃないかなぁ・・・と思います。とはいえ、神戸港や千葉港などでは、ローソンとかファミマとかの名称で臨港地区内に出店できているようなので、東京港と横浜港には何か歴史的文化的な背景もあるんでしょうね。

実は、僕たち一般市民が買い物や遊びに行く「みなとみらい」地区も半分くらいが臨港地区指定がかかってるんですよね。横浜市の臨港地区の分区指定図をみると、法規制と現実の辻褄あわせのため、いろいろな工夫が見られますよ。この件についてはまた今度。

追記:1枚目の写真、よく見たら入口に「Welcome to Family Mart!」なんてバナーが掲げられてるwww。


カテゴリ: Environmental policy,Fish,Marine policy,Urban planning — Masa @ 3:48 PM

 

2016年9月9日

海釣り公園のガバナンス

南関東で海釣りをしたことがある人なら一度はお世話になったことがあるでしょう海釣り公園。最近では、安全管理の要求水準が高まったせいか、イナカのほうでも防波堤が立ち入り禁止になり、逆に一部を海釣り公園として管理しながら開放しているようです。

これがなかなか、興味深い研究対象で、第一に、そもそも、海釣り公園がどのように整備されてきたのか?という疑問です。調整や合意形成、あるいは都市政策という観点でいろいろ考えるべきことがありそうです。本牧のように、高度経済成長期に公園として設計されて、綺麗に整備されたところもあれば、最近オープンした直江津や柏崎の防波堤のように、堤防をほぼそのまま釣り場に転用しているところもあります。前者については、港湾区域で公園利用することについて、多目的利用(=目的外利用)に向けた合意形成過程はさぞ大変だったことでしょう。後者については、PSC(犯罪等への対策)や安全管理の規制ががんじがらめのなかで、どうやって一般人の立ち入りについて当局の許可を得ていったのか・・・相当のご苦労があったことでしょう。

第二に、海釣り公園のマネジメントも大変なことかと思います。というのも、公園内では、飲酒禁止とか、投げ釣り禁止とか、竿の本数2本までとか、いろんなルールが定められているんですね。こういうルールをどうやって決めるのか、そしてそのルールをいかに守らせるのか、いろいろ大変なんじゃないかと思うわけです。ルールを守る釣り人が大半だと思いますが、守らない人がいたときにどうするのか?ルールを無視するのはたいがい、面倒な人でしょうから、そういう人たちに係員の方々はいかに対峙しているのか?興味は尽きないところです。あと、釣り人どうしのトラブルも考えられますね。幸い、自分はこれまで巻き込まれたことはありませんが、釣糸が絡まったり、泥棒されたり、いろんなトラブル要因は考えられます。さらに、釣り場は港湾施設なので、市役所の所有・管理下にあることが通常ですが、いまはどこでも指定管理者に委託して運営されています。で、その選定(入札)はどうなっているのかなぁ、という疑問もあります。

まぁそんなこんなで、海洋管理のガバナンスの研究の一環として、海釣り公園のガバナンスについても調査してみているところです。


カテゴリ: Fish,未分類 — Masa-mobile @ 5:54 PM

 

2016年6月6日

Let’s サーディン・フィッシング

東京湾で釣りと言えば、多くの人が思い出すのは、アジ、ハゼ、キスの3大巨頭なわけですが、じゃぁ実際どんだけ釣れるの、というと、実はそんなに釣れない気がするんですよね。船に乗るとまぁ狙ったものが釣れるんでしょうが、陸っぱりからでは、上記の3種以外の魚が釣れることも多いし、それを狙ってる人も多いわけです。メジナとかスズキとか、マニアも多いわけです。

2

で、自分はどうかといえば、やはり脂の乗ったアジが旨いので、アジ狙いでいくわけですが、なっかなか釣れないんですわ。30年以上前、自分がガキのころは、横浜木材港の堤防で小アジが簡単に釣れてた気がするのですが、いまはダメですわ。

代わりにやたらと釣れるのがカタクチイワシ。イワシといってもスーパーマーケットはおろか魚屋の店頭に出回ることはないでしょう。だって雑魚ですから。いわゆる「煮干し」のもとになってる魚です。なのでカタクチイワシ狙いで釣りをする人は稀。とはいえ、現実によく釣れるのはカタクチイワシ。

3

回遊魚なのですが、小魚で頭が悪いのか、自分の足下に回ってくればすぐにサビキに食いつきます。逆に、いろいろ工夫して狙って釣るというよりは、群れが回ってくるのを待って、来たら一気にまとめて釣り上げることになります。そう考えると、パチンコのCR機みたいなもんで、フィーバーが来るのを待って、来たらその間にできるだけ回収するっつぅ釣りかもしれませんね。

自分はいつもアジ釣りに行っては、アジが釣れずにカタクチイワシが大漁ということが多いです。何も釣れないよりはよいですが、愛が欲しい、いやアジが欲しい。

でもまぁパチンコみたいなもんだと割りきれば、それなりにラクチンで楽しい釣りです。

仕掛けは、フツーのサビキ仕掛けです。僕は昔ながらの網のコマセ籠をサビキの上につけて使います。サビキの色は赤と白がありますが、僕は白の方が釣れる気がします。針サイズはイワシなら4号くらいが無難かと。でも口がデカイので大きな針でも釣れちゃいます。オモリは15号くらいが流されにくいので、僕は好きです。

1

リールのベールを起こして、糸を手で軽くおさえながらゆっくりと仕掛けを落としていくと、糸が出ていかなくなります。これが仕掛け下のオモリが海底に着いた状態です。ベールを戻して、リールを軽く巻いて、糸がピンと張った状態(リールを巻く重さが重くなる瞬間)から、数回巻いて、竿先を上下に大きく2~3回振ります。こうすると、コマセからオキアミが出てきて、魚が寄ってきて、さらにサビキの針も勘違いして食いつくわけです。着底から何回リールを巻くか、が腕のみせどころで、水温や潮流などで、魚の泳層は変化します。イワシは表層にいる(リールを多目に巻く)といわれますが、低層で釣れることもあるので、はっきりいって、いろいろ試すしかないと思います。あるいは隣の人が釣れてるなら、どんな釣り方をしてるのかコッソリ眺めて、真似するというのもひとつの手。

オモリはたぶんもっと軽い方(7号くらい)がアタリがわかりやすいのでしょうが、カタクチイワシはけっこう、暴れるので、15号でもビンビン振動が手もとに来ます。というかアタリの振動が来ても、合わせて慌ててリールを巻くのではなく、敢えて数十秒、放置してから落ち着いてリールを巻くのが正解。その間にサビキ仕掛けのすべての針にイワシを喰わせようという企みです。

群れが大きければ、サビキの6本針すべてにカタクチイワシが鈴なりでついてきます。これは何歳になっても素直に嬉しい。で、取り込みの注意ですが、横浜や市原のいわゆる「海釣り公園」の桟橋は、足元が金網になっていますので、釣れたイワシが針から外れて金網の隙間からポロポロと墜落していくこともある。ということで、自分は必ずブルーシートを持参して、四隅を紐で金網に結んでおきます。こうすれば、ブルーシート上で針からはずせば、墜落リスクがないので、落ち着いて安心して針はずしができます(ただしサビキの針がブルーシートに掛かってしまうことも多いので注意)。

釣れたイワシは海水を張ったバケツにでも入れておけばよいですが、1時間もしたら死ぬので、自分は氷と海水を入れたクーラーで絞めます。釣り場によっては現地でエラとハラワタを取って生干しをつくる人もいますね。回遊してくれば、調子悪くても20匹は釣れるでしょう。調子よければ100匹超えもよくあること。

さて、このカタクチイワシ、調理が何げに難しいです。以前はカルシウム強化になるだろうと、エラとワタとウロコだけ取って、頭もつけたままテキトーに揚げていたのですが、子供たちにはあまり評判よろしくありません。確かにほろ苦い。ということで先日、頭を除去して、「手開き」で中骨まで除去してから調理してみたのですが、これは旨い。いわゆる「サーディン」や「アンチョビ」なので、にんにく油でアヒージョ風にしてみたり、酢漬けにして翌日食べてみたり、刺身に挑戦したり・・・可能性は無限大かも。個人的には、酢漬けがヤミツキになりました。手開きは説明を読むと難しそうですが、実際やってみると、かなり簡単です。というか1匹くらい失敗しても気にしない。なにせ100匹くらい釣れるわけですから。

4

これから秋まで、しばらくの間、東京湾でカタクチイワシが釣れるでしょうから、気軽なエンターテイメント&食糧調達法として、サーディン・フィッシングを試されてはいかがでしょうか。


カテゴリ: Fish — Masa @ 7:16 PM