ホーム » ブログ

アーカイブ

検索


フィード


管理

2017年11月27日

bogus conferenceの国内開催は観光政策&科技政策としてどうなんだろ

大学で研究者をしていると、超ウサン臭い「学会」への招待メールが頻繁に来ます。

国際学会へ招待なんてすばらしいじゃないすか、と思う人もいるかもしれませんが、現実には「招待」なんかじゃありません。参加費が数万円でボッタクリも多いですし、学会と言っても研究分野は何でもアリで、他の参加者の発表聴いても多分、何のこっちゃか全くわからんやろね、みたいな感じ。海外ではこのような「学会」はbogus conference(インチキ学会)などと揶揄されます。まぁそこまで特定の「学会」を攻撃したら訴訟リスクもあるので、questionable、dubiousみたいな表現を使うことも多いみたいですが。なんでもいいから学会発表して、業績リストを伸ばしたいというニッチ需要もあるのかもしれませんが。

以前はベネズエラやギリシャからのメールが常連で、いまでもたまに来ますが、最近は中国から来るようになりました。この中国からのメール、以前は会場が大連や上海だったのですが、最近は福岡や京都が会場のも増えてるんですよ。

ウサン臭いとはいえ、開催しなかったら完全なる詐欺になるので、たぶん、いちお、会場はおさえているのだとは思いますが・・・福岡や京都のホテルがこういうウサン臭い「学会」に使われるのって、信用として、どうなんでしょうね。まぁ、こういう「学会」に参加するヒトって、大半が「学会」ではなく観光目的(研究費で観光しちゃおうという不届き者)でしょうから、まぁ国の観光政策としてはいいね、なのかもしれません。とはいえ、こういう「学会」の会場として日本が使われちゃうと、日本国内のまっとうな学会でさえ、海外の人たちが「インチキじゃね?」と疑うようになるかもしれませんよね。そういう意味で、科学技術政策としてはヤバいのではないかと。

まぁさすがに主催は日本の業者ではないので、まだまだ安心ではありますが、こうも経済が混沌としてくると、日本でこういう「学会」を商売にする連中が出てくるんじゃないかと、ちょっと心配ではあります。

怖いのが、地域のコンベンションビューローみたいなところが、こういう「学会」に協賛しないかどうか・・・。いま見ている限り大丈夫そうですが、そろそろ協賛しちゃうところが出てくるんじゃないかなと。観光政策としては、悪い話じゃないですし、「学会」のクオリティなんて、観光客を増やすことが目的の人たちには、あまり関心のないことですものね。まぁ、観光政策と科学技術政策の接点ということで、誰か既に動いているのかもしれませんが。


カテゴリ: Public policy,Science/Technology Policy,Travel — Masa @ 10:43 AM

 

2017年11月24日

安藤忠雄展に行ってみた

今朝はGRIPSで会議だったのでお昼の時間を使ってお隣の新国立美術館で開催中の安藤展に行ってきました。いちお、都市計画の研究者のはしくれとして、見ておかないわけにはいきません。

展示ですが、基本的に、模型とスケッチで構成されていました。何より大混雑。スケッチは小さいので行列に並んで最前列にいかないと見えません。正直、作品集眺めているほうが楽しいです。

しかし、光の教会が原寸大(?)で再現されていて、これはなかなかよかったです。なかに入ってみると、意外と小さかったです。欧州のまちにあるような教会を勝手に想像してたので、想定外。

また、光の教会って、写真で見ると十字架のところが光で飛んで白く輝くのがポイントなわけです。まさにインスタ映え度高し。しかし、実際に建物の中で見ると、スリットの向こう側の景色が普通に見えるんですね。で、この再現展示の場合、乃木坂のパッとしない茶色の古びたマンション建築がスリットの向こうに見えるんです。まさに興ざめ。実物の光の教会のスリットから見える景色ってどうなってるんでしょうね?

あともうひとつよかったのが、東京大学(本郷)の福武ホールの展示。模型だと、道路と建物を隔てる例の「壁」が存在しますが、初期のスケッチでは壁などどこにも描かれていません。むしろ、道路の下にも空間を確保して、地上部は1階建ての平屋になっています。空間への影響を最低限にしようとしたんでしょうね。しかし現実には2階建てで、道路からの視線を遮る壁まで立てられてしまいました。当時からいろいろ噂を聞いてましたが、実際に安藤氏の初期提案がずいぶん違ったものであったことを確認できて、個人的になんかスッキリしました。

ということで、全体としてみれば、わざわざ行かなくてもいいかもなぁ、という展示でしたが、個人的にはいくつかおもしろい発見があったので、ヨシとします。

IMG_20171124_123123.jpg IMG_20171124_121324.jpg

カテゴリ: 未分類 — Masa-mobile @ 12:58 PM

 

2017年11月22日

高円寺のおもしろさ

指導しているバングラデシュ出身の留学生(日本語話せない)が商店街のリサーチをしたいということで、どこの商店街を視察・勉強すればいいかなと悩んでいたのですが、青山先生&早坂都議にご紹介いただき、昨夜、高円寺の商店街に伺ってきました。

聞き取り調査前に1時間ほど、学生と「まちあるき」したのですが、僕が想像していた以上に面積が広く、また栄えていたので、かなり驚きました。

個人的に気になったのが、「若い人たち」がやっていそうな店舗・レストランがかなり存在したことです。

252464484_624.v1511322555

252464516_624.v1511322694

もちろん、6mの狭隘街路に昔ながらの肉屋さんや魚屋さんが立ち並んで賑わっている、いかにも商店街という感じの場所もありましたが、それ以外の少し人通りの少ない商店街でも、カフェやバー、はてまた何を売っているのかよくわからない怪しい店など、通りに面して「何か」店が開いている状態が続いていました。要は「寂れたシャッター街」が見つからなかったということです。

252464375_624.v1511322022

南口の駅から少し離れたルック商店街というところでは、昔ながらの電気屋さんと若者向けの古着屋さんが共存して栄えているという、興味深い風景を見つけることができました。パッと見た感じはただの商店街なんですが、商品構成やディスプレイをよく見ると、かなりオシャレなストリートに仕上がっています。

結局、高円寺の街を歩いてみた感想は、昔から店を営んできたオーナーが若者たちへ積極的に店舗を貸すことで、街が盛り上がってるんじゃないかな?ということです。店舗部分をわざわざ貸さなくてもアパート経営などで十分生活できるオーナーも多いんでしょうが、敢えて貸してるんじゃないか、あるいは貸すことを後押しているグループがいるんじゃないかなという気がします。だからこそシャッター街にならず、若者を呼び込めるおもしろい街になってるのかなと思います。新宿から近いですしね。

それにしても、自分はショッピングモール依存の郊外生活がデフォルトなので、高円寺のまちあるきは刺激的でした。

252464381_624.v1511322077


カテゴリ: Meiji University,Tokyo,Travel,Urban planning — Masa @ 4:30 PM